この夏、日本のファッションシーンをリードする今、注目のブランド①

HAN AHN SOON(ハンアンスン)

「大人の魅力を手に入れた妖精たち」

パッション・エレガンスをブランドコンセプトに掲げている。

今シーズンはフェアリー(妖精)をテーマに、フェザーをたっぷりとあしらったワンピースやエレガントなレースのレイヤードなど、ドリーミーな世界観を描いた。

Ungrid(アングリッド)

「上質さや繊細さを併せ持つアメリカンカジュアル」

今シーズンは「naturu style of modern」をシーズンテーマに掲げ、上質で肌触りの良い素材や繊細なディテールを丁寧な仕立てで仕上げた、クラス感のあるカジュアルを提案。程よく力の抜けたルーズなシルエットが美しい。

LagunaMoon(ラグナムーン)

「大人の余裕を漂わせる落ち着いたトロピカルムード」

思わずバカンスに出かけたくなるようなトロピカルプリントが印象的だったラグナムーン。

「My weekend hideaway」をシーズンテーマに、落ち感のある素材やルーズなシルエットを多用したエレガントなバカンススタイルをみせた。

jo’uetie(ジュエティ)

「ストリートをベースにロックもポップも全部ミックス」

”TOKYO POP”を体現するかのようなミクスチャースタイルがお得意のジュエティ。

今季はクリア素材やメッシュ、スタッズなどさまざまな異素材をあわせて、ストリートをベースにロックとロマンチックを融合した新しい世界を表現。

EMODA(エモダ)

「強さと女性らしさを表現する芸術的な装飾とレイヤード」

モードやガーリーなど、どんなテイストも自分のスタイルへと昇華させるファッショニスタをイメージした今季のエモダ。

シースルーを生かしたレイヤードやビジューをふんだんに使ったアーティスティックなスタイルを披露した。

MURUA(ムルーア)

「儚くも強さを備えた現代のマーメード」

海の中を漂うバブルや透明感、水面の反射や独特の色の世界をフェミニンなフォルムに落とし込んだ今シーズンのムルーア。

ロマンティックで幻想的な雰囲気に硬質で透明感のある装飾を加え、フューチャリスティック(未来的)にしあげた。

GYDA(ジェイダ)

「女性らしさと強さを表現するホワイトの世界」

今季らしく白を基調としたシンプルでスタイリッシュな服を、グリッターやメタリックなアクセサリーで彩ったジェイダ。

シースルー、ショート丈で肌感を出しつつ、セクシーさを醸し出したカジュアルなスタイルを提案。

                                     ~次回につづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>