リンク



14年春夏ミラノコレクション

つづいては、

「ヌメロ・ヴェントゥーノ」

シャツとタイトスカートが軸になった。フォルムや丈のバランスを変化させて新しさを出している。

シャツは、バストのすぐ下あたりのミドリフ丈。ショートパンツを重ねたレースのタイトスカートと組み合わせて、繊細に肌感を強調。

スポーティーなポロシャツや、リラックス感のあるパジャマシャツも新鮮だ。

DSC_0066

アウターは、ボーイフレンドシルエットのテーラードジャケット。

レースに、カットワークや透明感のあるビジュー飾りを加えて、透け感にもコントラストを作る。浮世絵を思わせる大胆な波模様も面白い。

「アルベルタ・フィレッティ」

白を基調にしたフルイドドレスを、色とりどりの花屋やマルチボーダーで飾った。

DSC_0065

繊細で可憐なドレスに、ちょっぴりフォークロアの香りが加わった。

ドレスは、ミニ丈もマルチ丈もレースやシフォンで仕立てたエアリータッチ。

柔らかなドレスの肩やウエストを、オレンジ、グリーン、ブルー、ピンクで鮮やかに彩った。プリントだけでなく、刺繍やアップリケで立体的に表現する。

トッズグループの「フェイ」は、「アキラーノ・リモンディ」のデザイナー2人が手掛ける注目株の一つ。

ショーの前には、会場の天井に七色の花火や星空、ヤシの木の映像を映し出して開放的で幻想的な空間を作り出し、屋敷とのコントラストを描いた。

DSC_0064

コレクションは、以前の上品でコンサバティブなイメージは影を潜め、若々しくてスポーティーになった。

ボックスシルエットのジップアップブルゾンやパーカーに、裾が広がるミニドレス。

ネオプレンのミニスカートは、ハリのある裾が小さなひだを作る。

ボーダーやレインボー、フラワープリントに、スヌーピーも加わって楽しく弾ける服をカラフルに彩った。