「コートに勢い」 海外デザイナーブランド秋冬

海外デザイナーブランドの13~14年秋冬立ち上がりで、コートの売れ行きが好調。

減少傾向にあった先物買いをする感度の高い客が増え始めている。

ドリス・ヴァン・ノッテン

クロスジェンダー(性別にとらわれない自由なファッション)なスタイルが顧客の心を掴んでおり、旗艦店で行っている顧客向け受注会での売り上げが、13年春夏の2倍になった。

単価が高いだけでなく1人当たりの発注枚数が増えた為。

毎シーズン、コレクションを象徴する服から売れていく傾向が強く、今シーズンはレジメンタルストライプのシリーズに人気が高まった。

特にシャツやティアードスカートが売れている。

DSC_0034

コートの売れ行きもいい。全国の百貨店の売り場では8月に立ち上がったコートの売上が、昨年に比べて5倍になっている。

テーラード型のチェスターコートなど、コレクションを代表するアイテムなだけにかなりの人気。直営店では、テディベアフェイクファーのコートがすでに完売。

ステラ・マッカートニー

前シーズン以上にパンツの動きがいい。定番のウエストゴムタイプが売れており、落ち感のある黒いタイプはほぼ完売。

アウターでは定番のチェスターコートが売り場を引っ張っている。

DSC_0033

昨年の売れ筋だったもので、入荷と同時に動き出している。

マスキュリン(フランス語で「男性的な」の意味で、メンズスタイルを取り入れたファッション)な流れにもぴったりなデザインで受注会でも好評だった。

その他、秋本番にむけて、べっこうヒールのローファー、羽根と花をモチーフにしたフェザーフラワー柄のブルゾンやスカートに予約が集まった。

DSC_0032

クロエ

「今買ってすぐ着られる」の流れが強い。特にブラウスやシャツなどのトップが立ち上がりの売り場を盛り上げている。

ノースリーブ、フリル入り、レース切り替えなどの種類も多い。

ボトムはAラインのスカートが好調。

DSC_0031

ダスティーパステルやシャーベットカラーが新鮮!

バッグはボストン型の「アリス」やトートバッグの「アリソン」。

8月末に立ち上がったばかりのバイカラーバッグの「ベイリー」も滑りだしがいい。

DSC_0030

「カルヴェン

こちらも今すぐ着られて秋まで楽しめる商品が好調で、なかでも明るい色物が動いている。一方で、昨年に比べてコートの動きが早いのも特徴。カルヴェンらしいコンパクトタイプから、ビッグシルエットまでバリエーションは幅広い。

こちらは、丸みを帯びたハイネックコート。

DSC_0029

ボトムはショートパンツに加えて、スカートが好調。

旗艦店のスタッフがユニフォームとして着用している効果もあり、量感のあるフレアスカートが一番人気になった。

もう一つ、売り場を引っ張っているのはノースリーブドレス。素材を問わず売れている。

DSC_0028

アクネ

トレンドのスエットが人気。

DSC_0027

横幅が広く、丈が短いタイプが売れている。上半身がコンパクトに見えるバランスがポイント。

水彩画のような淡い色のフラワープリントのほか、グレーとネービーの無地が動いている。

傾向としては、フレアスカートやモヘアのロングカーディガン、オーバーサイズのムートンジャケットが好調。もともと人気の商品で、昨年までに買い逃した人が先物買いしている。

DSC_0026

3.1フィリップ・リム

すぐに着用できる薄手のアイテム、Tシャツ、シューズ、バッグの動きが良い。

中でもフェニックス柄のTシャツがヒットしている。

DSC_0025

ブランドらしいビジュー付きのドレスやブラウスも売れ筋。

DSC_0024

一方で昨年に比べて、先物買いが増えている。特にニットやアウターなど。

小物ではローファーが評判。立ち上がりの一番人気だった直営店限定のローファーに続き、プレフォールコレクションのローファーも予約が多い。