「クラシカルをモダンに」 ロキト13~14年秋冬

 

「ロキト」の13~14年秋冬物は、クラシカルなモチーフや素材を使いつつ、モダンな感覚にしあげている。

手の込んだ素材や加工を取り入れ、ブランドらしいマスキュリン(男性的)とフェミニン(女性らしい)のミックスを提案している。

DSC_0233

得意のオパール加工で作ったのは、千鳥格子柄のドレスやブラウス。

袖や見頃など部分によって柄の大きさを変えて、グラフィカルに見せる。

アウターはメンズライクなボリュームフォルムのデザインが中心になっている。

今秋冬の国内取引は20前後になる。