月別アーカイブ: 2014年1月

14年春夏ミラノ④~透け感、エアリーな気分~

14年春夏ミラノコレクションは鮮やかな色と柄の一方で、透明感のある生地を重ねて見せるエレガントなラインも広がっている。

チュールやオーガンジー、シフォンなどエレガントな素材のほか、フィッシュネットやパンチングレザー、メッシュといったスポーティーな雰囲気も多い。

透け感の陰影と構築的なフォルムを組み合わせるスタイルが新鮮だ。

 

「ジル・サンダー」

エアリーなラインに、カーブのディテールとバックにとったドレープを加えて作るエレガンス。

黒と白を軸に少しだけグリーンとペールイエローを加えたラインアップだ。

DSC_0131

「マルニ」

天窓から差し込む優しい自然光のもと、軽やかな質感のある、スポーティーでロマンチックなスタイルを見せた。

丸いショルダーラインのVネックトップやブルゾンに、ミドル丈のストレートスカートやギャザースカート。

DSC_0128

どれも洗いをかけたような薄い素材で、腰にふわふわとしたフリルを飾ったり、スカートにたっぷりとギャザーを寄せたり。

これまでのマルニには見られなかったフェミニンなディテールが新鮮だ。

そこに、サンバイザーや2本線の入ったベルトをセンス良く組み合わせる。

「ボッテガ・ヴェネタ」

19世紀のエレガントなドレススタイルやコロニアルスタイルを背景にしたドレスを揃えた。

クラシカルなエレガンスにハイテクの素材やハンドクラフトの技術を加えて見せる。

コットンに銅線を織り込んだ生地のドレスは独特のしわとドレープを作り出し、テーラードカラーのシャツにはウエストにアシメトリーにドレープを寄せたスカートと組み合わせる。

DSC_0130

プリーツの中に細かな糸を刺繍したドレスや、コットンジャージーとモヘアを縫いたたいて立体的な柄の陰影を作ったドレスは、細かな手仕事の技術を生かしたもの。

アクセサリーはスターリングシルバーを磨いて作るミラーのようなネックレス。

「MSGM]

今回、初のランウェーショーは、得意の柄ミックスを前面に出した。

DSC_0129

軸になったのはトロピカル模様。

鮮やかな発色のサーモンピンクやスカイブルー、イエローに、バランス良くグレーやブラウンを差し込んでレトロなムードを醸し出す。

さらにタイルやシャンデリア、幾何学模様を組み合わせて、単純なトロピカルとは一味違う複雑な柄ミックスで遊んだ。

「ヴェルサーチ」

こちらも、トロピカル柄の表現方法が新鮮だ。

白や赤のハイビスカスを黒で際立たせたり、スプレー画のようににじんだ感じで表現したり。

ライラックやスカイブルーといった爽やかな色のドレスにエッジを利かせる。

DSC_0115

キーアイテムのボディーコンシャスなドレスは、胸元をバンドでクロスし、裾が軽やかに波打つセクシーなデザイン。

 

爽やかさと艶やかさを併せ持つ南国スタイルが出来上がった。

「サルヴァトーレフェラガモ」

スーツにライダースジャケットやトレンチコートなどのミニマムなラインを進化させて、美しい配色で作られた。

白いストライプのパンツスーツとプラトップは解体され、白いジャケットとへプラムパーツ付きのパンツへ変わり、白いストライプのミニドレスになる。

ライダースジャケットは構築的なフォルムが特徴。

DSC_0123

パイソンのコートは綺麗な発色に仕上がっている。

ドレスやスカートはアシメトリーにプリーツを畳んだディテール。

「モスキーノ」

創業デザイナーで90年代に他界したフランコ・モスキーノをたたえるイベントとして、彼の幼少期の写真やブランド設立当時のインタビュー映像が流された。

DSC_0126

ショーでは80年代に活躍したスーパーモデルらがアーカイブで身を包んだ。

ファンの声援に応えながらランウェーを歩くという、モスキーノらしいライブさながらのパフォーマンスで会場を盛り上げた。

新は、天使のような白スタイルと小悪魔っぽい黒スタイルのコントラストが楽しい。

バニーガールやメイドスタイル、修道女風をユーモラスにキュートに表現した。

「エンポリオ・アルマーニ」

スイレンを背景にした風景がイメージソース。

水辺の透明感や輝き、水に映りこむ空や植物のニュアンスカラーを落とし込んで軽やかで繊細なフェミニンスタイルを作った。

DSC_0135

ティアードドレスには波紋のような扇型の布が幾重にも重なり、ジャケットには淡い色のペタルモチーフがびっしりと飾られる。

カットワークやアップリケでも花を表現している。

ボトムは大きくタックを取ったクロップトのワイドパンツ、。

スカートには、型のようなグラデーションのレギンスを組み合わせる。

「ファウスト・プリージ」

先シーズンのロックスタイルの流れを引き継ぐ。

レッド、ブルー、イエローなどの原色と、レザーのバックルをつないで作るライダースジャケットにバイアスのカラー切り替えで見せるパワフルな服。

DSC_0125

重厚な刺繍で描かれるのはヤシの木の柄。

ヤシの木柄のシャツもヨークをレザーで切り替えてある。

シルエットは得意のフィット&フレア。

プリーツ状の布をバイアスに切り替えて作るミニフレアスカートとマキシ丈の重厚なフレアスカートの二つのラインが揃う。

「アンドレアインコントリ」

ノスタルジックなプリントを生かしたドレスやアンサンブル、パンツスーツを披露した。

女性スイマーやダンサーが踊るような柄を淡いプリントやスパンコール刺繍で描く。

レトロなニットブルマとブラトップ、カーディガンの組み合わせなど、アイテムにもレトロな気分が漂う。

DSC_0127

「ブルマリン」

キーワードは光、影、チョウ、花、ヌードカラーを基調にしたピュアでシックなスタイルが並んだ。

オーガンジーのブラウスやペンシルスカートに花のモチーフやチョウの刺繍を飾って立体感を出した。

DSC_0134

ピーター・グリーナウェイの映画「英国式庭園殺人事件」のヒロインをイメージソースにした。

「スポーツマックス」

大きな楕円、ドットなオプティカルな柄がポイント。

すとんとしたキャミソールドレスやプルオーバーとストレートスカートなどのIラインのシンプルなスタイルに、楽しいリズムが加わる。

DSC_0132

マットなコットンに光沢のあるサテンや透けるメッシュを重ねて、ワンカラースタイルに3D効果をプラス。

「アンテプリマ」

春陽をイメージソースにした穏やかなコレクション。

ゆったりとしたシルクのシャツにシャイニーレザーのパンツ、サマーカシミヤのトップにオーガンジーのスカートなど、透け感、輝き、マットな質感、光沢が重なり合う。

パウダーピンクやアイスブルーなど空を思わせるニュートラルカラーが優しい。

DSC_0133



◆ミス日本◆の指導インストラクターも絶賛!!まさに正統派。その名も「みんなの美脚プログラム」

顔の骨格、歪みから直し、老廃物や脂肪、むくみ、無駄な筋肉を・・・・・・・他にはない、日本で唯一のエクササイズ・・・・・・

瞬間小顔矯正